烏兎さんの今日の一杯は試してみてみて!夏の漢方茶のソーダ割り

こんにちは、毎日暑いですね。
烏兎のマスターです。

マスターイラスト(ご挨拶)

体調など崩されておりませんでしょうか?
夏風邪ひいた~(>_<;)なんて方もいるかもしれませんが、どなたさまも体調に気を付けてお過ごしくださいね。

試してみてみて!夏の漢方茶のソーダ割り

今日は8月11日、日曜日です。
もうお盆休みに入っている方もたくさんおられると思います。

今週いっぱい休みだよーんという方も多いかもしれませんね。

本当に毎日暑いですが、せっかくですので夏休みを満喫していただけたらと思います。

さて、烏兎さんの今日の一杯はこの暑い時期にぜひお試しをいただきたい「夏の漢方茶」のソーダ割りです。

夏の漢方茶ソーダ割り画像
写真がちっとも炭酸の雰囲気が伝わりませんね(^^;)

作り方はとても簡単で、まずは炭酸水をご用意ください。

 

炭酸水とグラス画像

炭酸水はお好きなものをどうぞ🙋

ちょっと脱線しますが、烏兎さんは炭酸水が好きなんですよね。
さすがに温めて飲むことはできないので常温で飲むようにしているのですが、夏場は常に炭酸水の買い置きがあります。

朝起きてお湯が沸くまでの間とか、外出中のドリンクの予備として(基本はぬるめの漢方茶を持ち歩いています)、それから、寝る直前とかにも飲むことが多いですね。

炭酸水は吸収がよいらしいので、早急に水分補給したいときにもよいそうです。
ただあんまり常飲していると歯のエナメル質によくないという説もあり、やっぱり基本は温かい漢方茶がいいですね。

そうそう今年、夏の限定で出たウィルキンソンのクールシトラスが美味しくてハマっています。飲んだ後長く喉が潤うこの感じはミント系の何かだと思われるのですが、何だろう? 調べてもクーリングフレーバーとしかわからなくて。
もしご存知の方がおられたら教えてくださいませ🙇

さて、本題に戻ります。

続きましては濃い目に煎れた夏の漢方茶をご用意ください。

濃い目に煎れた夏の漢方茶

ベースは抹茶入り緑茶ベースにしました。

そこに炭酸水を注ぎます。

夏の漢方茶ソーダ割り画像

シュワーっと泡が立って見た目が爽やかでした。(相変わらず写真が下手ですが)

私はこのまま常温で飲みますが、冷えた炭酸水を使ったり、氷を入れても美味しいと思いますよ。

氷入り夏の漢方茶

見た目はただのアイスグリーンティですが、おお!と思うのは、飲んだ瞬間口に広がるみかんの香りです。(夏の漢方茶には温州みかんの果皮が入っています)

そこから追いかけて抹茶、菊花の香りがして、さらに味わっていくとハトムギや、爽やかな連銭草の味も楽しめます。

夏の漢方茶は上がった気を下げるとお伝えすることが多いのですが、水出しで飲むことも多いと思いますので、実は胃を整える素材も合わせてあります。

安心して冷たい状態で飲んでくださいとは言いませんが、普通に冷たいものを飲むよりはよい働きをしてくれると思います。

また、漢方茶は食品ですので、飲んでいただいて劇的な変化はないと思いますが、飲み続けるうちになんとなく体調が違ってくる感覚を感じていただけたら嬉しく思います。

夏の漢方茶の炭酸割り、ホントに美味しかったので、炭酸好きな方はぜひ試してみてくださいな。

立秋を過ぎてもまだまだこの暑さ!

夏の漢方茶の販売はまだ続きます!

漢方茶 烏兎