よもぎ茶に、お灸にお風呂に、草餅に!パワフルな薬草「よもぎ」

ほんとうにぼちぼち更新しております。
烏兎の漢方茶素材紹介のコーナー、第5弾はヨモギ(蓬)です。

蓬画像

ヨモギ、と言われたら何を連想されますか?

私は自分用の漢方茶にこの素材を使っているので、ヨモギといわれるとパッとあの独特の香りが浮かぶのですが(煮出して入れるとますます香りが立って、部屋中がよい匂いになります)、季節によっては蓬餅(草餅)、あと、私はやったことがないのですが、よもぎ蒸しが思い浮かぶ方もおられるかもしれませんね。

よもぎ蒸しイラスト

また、ヨモギの裏側の綿毛はモグサの原料ですので、好きな方は『お灸!』という方もいらっしゃるかもしれません。

もぐさ画像

あ、入浴剤にも使われますね。

食べる、飲む、煮る、燃やすなど使い道の多いヨモギ。
ハーブの女王』という異名を取るのも納得です。
今日はこのヨモギをご紹介させていただきます。

ヨモギってどんな植物?

ヨモギはヨモギ属キク科の多年草で、日本中に自生しています。

ヨモギ画像

春に出た新芽は天ぷら、おひたし、草餅の材料になったりと大活躍。

ヨモギの食べ方

よもぎのレシピで一番有名なのは、やっぱり草餅ですね。

草餅画像

よもぎをお餅に使うのは香りがよいばかりではなく、実はモグサにも使われる、ヨモギの葉の裏に生えている繊毛がつなぎの役割をするのだそうです。

それによって、ねばりが出るそうですよ。

お団子画像

ヨモギは野草ですので、天然のものは重曹などであく抜きをしてから使いますが、よもぎパンやよもぎ餅の作り方は混ぜてこねるだけの簡単レシピですので、お料理やお菓子作りがお好きな方は、チャレンジしてみてくださいね。

食用にするヨモギの葉は、春から初夏くらいの若い葉を摘んで使いますが、天然のヨモギは、実は見分けが難しいようです。

ヨモギの見分け方を間違えると毒に?!

先ほどもお伝えしたように、全国各地に自生してるヨモギ。

ところが、ヨモギの葉の見た目は、ブタクサトリカブトの葉とよく似ています。

トリカブト画像
トリカブトの葉です。

画像を見ても、やっぱり似ていますよね。

ブタクサにしてもトリカブトにしても花はまった違いますので、花の時期になれば見分けることは簡単かと思いますが、ヨモギを採取してきたと思ったらニセモノでしかも猛毒のあるトリカブトだったら怖いですよね。

ヨモギの花画像
ヨモギの花です。画像引用: Wikipedia
トリカブトの花
トリカブトの花です。

あとは根っこの張り方も、ヨモギは横に這うという特徴がありますが、実はヨモギを見分けるもっとも大きな特徴は匂いにあり、匂いによって確認することができるようです。

ですがやはり、間違ってしまう危険も伴いますよね。

実は日本だけでも30種類もあるというヨモギ。(ちなみに世界には300種類以上あるそうです)http://www.museum.tokushima-ec.ed.jp/ogawa/wata.htm

間違いなく食用のヨモギを採取するためには、苗や種を買ってきて自家栽培するのが一番よさそうですね。

よもぎ画像

ちなみに、烏兎で使っているヨモギは生薬会社のもので国産、残留農薬検査がしっかりと行われているものです。

ちょっと宣伝させていただきました(^^)

ヨモギのアレルギーの症状

ハーブの女王と呼ばれる万能選手のヨモギ。

漢方でももちろん多くの効能がありますが、そんなヨモギがアレルゲンとなるアレルギーがあります。

まずは時期は夏から秋にかけて、ヨモギの花粉が原因の花粉症があります。

アレルギーイラスト

アレルギーの症状は杉やヒノキの花粉症と同じですので、くしゃみ、鼻水、目のかゆみ、喉の不快感、湿疹などですね。

ちなみにこの時期はブタクサ、カナムグラ、カモガヤなどの花粉も飛ぶ時期です。

ブタクサ画像
ブタクサの写真です。

また、ヨモギを食べることで口腔アレルギーを起こすこともあります。

ヨモギを使った食べ物でもアレルギーが出てしまいますので、気をつけたいですね。

よもぎ茶

ヨモギを使った食べ物(飲み物ですが)といえば、ヨモギ茶も人気があります。

ヨモギ茶は健康茶、薬草茶としてドラッグストアなどで販売されていますが、烏兎でもオリジナルブレンドに蓬茶をご用意していますよ~。

また、手作りがお好きな方は、よもぎ茶をご自宅で作ることもできます。

野草茶の作り方を簡単に書いておきますね。

食用にできるヨモギを用意します。
すでに下処理が済んで販売されているヨモギを購入してもいいですね。

作り方は簡単です。

・洗う→蒸す→干す→刻む
・洗う→干す→刻む→煎る

レンチンで作るレシピもあるようですので、興味がある方はさらに調べてみてくださいな。

よもぎ茶の副作用と妊娠中の飲用

ヨモギ茶はノンカフェインで、妊婦さんにも飲んでいただけるお茶です。

妊婦さんイラスト

副作用もありませんが、先ほどお伝えしたようにアレルギーが出る方もおりますので、注意した方がよいかもしれませんね。

また、何か一つのものを取りすぎるのは妊娠中は避けたいものです。

よもぎ餅を食べるくらいの頻度で飲む分には問題ないと思われますが、念のため、妊娠中、授乳中の飲用はお医者様と相談の上がよいかもしれません。

お団子画像

含まれている成分によってお腹が緩くなったりすることもありますので、特に多く含まれる成分をお伝えしておきます。

食物繊維
クロロフィル
カロテン
ビタミンK

効能効果についてはこちらからはお伝えできないのですが、少し調べると、ヨモギは女性の悩みの万能選手という感じがします。

とはいえ、いつもの言葉ですが、誰にとってもよい素材というのはないものです。
自分の体の状態を知って、自分に合う素材を取りたいですね。

最後に漢方でのヨモギについて、お伝えしておきます。

漢方でのヨモギ

漢方ではヨモギは別名艾葉(がいよう)ともいい、「艾」は「もぐさ」ですね。

もぐさには成長したヨモギの葉を使いますが、質の良いものは高級品でもあり、モグサは手間暇のかかる作業を経て作られます。

お灸としてのヨモギ

点灸用のモグサは火を点けると、周囲にヨモギの香りが広がって、とても心地よい空間を作りますね。

もぐさ画像

上質な物ほどよい香りがして、粗悪品は煙が多く青臭い匂いがするそうです。
確かに昔、とても安いお灸を買ったことがあるのですが、煙たかったのを思い出します。

最近はお灸も手軽に手に入りやすいですし、手や足だけでもたくさんツボがあり、誰かの手を借りなくても一人でできますので、ぜひお灸も試してみてください。

漢方でのヨモギの働き

漢方でのヨモギの性質はこのようになっています。

  • 五味:苦・辛
  • 五性:温
  • 帰経:肝・脾・腎

昔は野山で転んで怪我をしたら、ヨモギの葉をもんで擦り込んでいたそうですが、ヨモギには止血の作用があるんですね。

ヨモギイラスト

ヨモギが婦人科系の症状によく用いられるのは、この止血と、ヨモギの持つ温める作用によるものですが、そうすると、例えば熱症状が出ている方には向かないこともあるわけですね。

ヨモギはとてもよい素材で、烏兎ではオリジナルブレンドの看板商品、烏兎ブレンドで使っています。

ほかには九星のお茶の一部でも使っていますし、蓬茶も販売しています。

嗜好品としてお飲みいただくには気になさる必要はないと思いますが、やはり漢方茶で一番のお勧めは、お客様に合わせたカウンセリングブレンドです。

普段は自分の体に合ったお茶を飲みながら、気分を変えたい時は違うお茶など、飲み分けてもらうとよいと思います。

私は蓬餅が大好きですが(生餅を焼いて食べるのが大好きです)、ヨモギを美味しいと思うのは、自分の体に合っているからなのだと思います。

やはり、自分の体に合うものは、自分の体に聞くのが一番です!

よかったらヨモギを使った漢方茶も、試してみてくださいね。

そうそう、リクエストブレンドなら「この素材を使って!」というリクエストにもお答えできます。

烏兎のヨモギを使った漢方茶、ぜひ一度お試しください。

烏兎のオリジナル漢方茶はこちらに詳しく掲載しています。 (サイトに移動します)
※サイトからお申し込みの方は試飲プレゼントもあります

またはオンラインショップからどうぞ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

今日の素材紹介はヨモギをお送りしました。
次も素材も楽しみにしてくださいな。

Posted by Master