生薬の枳殻(キコク )はとっても苦いのですが、ストレスの強い味方です

毎度ゆっくり更新しております。
烏兎の漢方茶素材紹介のコーナー、第6弾は枳殻です。

枳殻素材画像

枳殻(キコク)という素材、クコの実や棗に比べたらあまり聞いたことがないかもしれませんね。

枳殻はミカン科の植物で、ダイダイや夏みかんなどのミカン属の成熟間近の果実を乾燥したものです。

ダイダイの完熟画像
画像はダイダイの完熟したものです

烏兎で使っている枳殻は、カラタチの果実ですね。

カラタチの花画像
カラタチの花です

カラタチは鋭い刺があるため、昔は生垣にも使われていたようですが今はあまり見られなくなりました。

カラタチの木画像
カラタチの木です

柑橘類の台木に使われることが多く、病気に強い木なんですよね。

枳殻の仲間には枳実(キジツ)があって、枳殻が成熟間近な果実であるのに対し、枳実は未成熟な状態の果実が使われています。

カラタチの実画像
カラタチの果実です

しかし、ウチダ和漢薬の『生薬の玉手箱』によれば、枳殻と枳実は同じように使ってもよいものだそうです。

・・・枳実はただ下を治すだけでなく,枳殻も高いところを治する
だけではない。そもそも口から肛門までみな肺が主り,三焦相通じて
一気であることを思えば,枳実と枳殻は分けても分けなくてもよい」
と記しており,両薬物を厳密に使いわける必要はなさそうです。
株式会社ウチダ和漢薬 https://www.uchidawakanyaku.co.jp/tamatebako/shoyaku_s.html?page=017

(ちなみに烏兎では主にウチダ和漢薬の和漢素材を使っています。扱いは食品ですが、実は素材は生薬・薬品グレードなんですね^^)

日常生活では完熟した果実を果実酒にするくらいで、あまり身近な素材ではないと思うのですが、枳殻も枳実も漢方薬にはよく用いられますので、漢方薬に詳しい方ならよくご存知の素材かもしれませんね。

枳殻の漢方での性質はこのようなものです。

  • 五味:辛・苦
  • 五性:微寒
  • 帰経:脾・胃

その効果ですが、枳殻は理気といって気の巡りを整えてくれる作用がありますので、気滞の症状に適しています。

気滞といっても原因は様々で、お客様の状態によってなんの素材を用いるか変わってきますが、枳殻の得意分野はストレスが原因になっている胃の不調です。

五行でいうと肝でストレスを受け、相克関係の脾胃を弱めるため、ストレスから胃腸の不調が出るのは理にかなっています。
五行イラスト
肝が司る春の季節に胃腸が弱りやすいのは、そんな五行の関係があるからなのですね。

ただ、実はこの枳殻、とっても苦いのです(>_<)

そのため、烏兎ではオリジナルブレンドでは今のところ使っておらず、カウンセリングブレンドで必要があれば使う素材になっています。

カウンセリングブレンド画像

もちろん、カウンセリングブレンドでは苦手な味を先にお聞きしますので、苦味が苦手な方には使いませんのでご安心ください。
(または、飲む方に合わせて、ちょうどよい量を加えてもらったりします)

枳殻1g画像

確かに枳殻は苦い素材ですので、長く抽出してしまうと飲みにくくなることがあるかもしれませんが、適度な抽出時間で飲んでいただくと、とてもすっきりして美味しく飲んでいただける素材です。

ブレンド画像

春は環境の変化や気温の上下で、無意識にストレスを受けています。
病気に発展してしまう前に、病の元は上手に逃がして行きたいですね。

今日の素材紹介は枳殻をお送りしました。
次の素材も、楽しみにしていてくださいな。

カウンセリングブレンドについて詳しくは こちらのサイト

または↓↓↓オンラインショップへどうぞ。

また、リクエストブレンドなら「この素材を使って!」というリクエストにもお答えできます。

烏兎の枳殻を使った漢方茶、ぜひ一度お試しください。

烏兎のオリジナル漢方茶はこちらに詳しく掲載しています。 (サイトに移動します)
※サイトからお申し込みの方は試飲プレゼントもあります

またはオンラインショップからどうぞ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

Posted by Master