味で選ぶのもいいですよ。甘茶蔓(あまちゃづる)

烏兎の漢方茶素材紹介のコーナーです。
第4弾はあまちゃづる。
あまちゃづる画像

あまちゃづるという植物、植物学的にいうとウリ科アマチャヅル属のツル性の多年草で、日本、中国、朝鮮半島、インドなどに分布しています。

花も咲きますが、とても小さく、形は先日お伝えしたなつめの花のように五芒星のようになっています。
秋には黒い実もつけます。

あまちゃづるの実画像

ちなみに、似た名前の『甘茶』とは違う植物で、お釈迦様の誕生日を祝う花祭りに飲まれるのはこちら甘茶の方ですね。

甘茶画像

甘茶と甜茶も違うものです。
ややこしいですね^^

アマチャヅルは1977年に研究によって有効成分が発見されてから、あれよあれよという間に人気になり、こんなデータもあります。

1991年には北京で開かれたInternatinal Conference on Traditional Medicine(伝統薬世界会議)において10種類の最も重要な強壮ハーブの一つにも選ばれています。https://botanicalove.com/amatyazuru01/

アマチャヅルは、あのお高い高麗人参や朝鮮人参に含まれるサポニンに似た成分を多く含んでいて、その効能は多岐に渡ります。

烏兎では効果効能をお伝えすることはできませんが、一般的にいわれているあまちゃづるの適応症はこのようになります。

花粉アレルギー、喘息、気管支炎、アトピー、アレルギー、片頭痛、神経痛、肩こり、リウマチ、鎮静、胃潰瘍、肝臓病、糖尿病、血圧降下、動脈硬化、血液サラサラ、ストレス、免疫力UPなど

Wikipediaには「組織細胞を若返らせる作用がある」と書かれていて、アンチエイジング?!と思わず身を乗り出しちゃいますよね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%85%E3%83%AB

(※上記はあくまでも一般的に伝えられている効果で、烏兎の漢方茶を飲んで得られる効果ではありません)

烏兎ではアマチャヅルとベースのお茶だけの『甘茶蔓茶』のほか、オリジナルブレンドでは『杉を呪いたくなるときのお茶』と『頭の上でゾウさんが芸の練習しちゃった気分のときに飲むお茶』でこのあまちゃづるを使っています。
あと、カウンセリングブレンドではお客様の状態に応じて使っていますね。
効果効能を見ていただくと、なんとなくわかっていただけるかなと思います。

さて、今、これを書いているのは3月16日でスギ花粉がピークを迎えようかという頃。

杉画像

このあと、ヒノキが来てブタクサが来て・・・と花粉症の方にとっては悪夢は続くよどこまでもという季節ですね。

あまちゃづるは日本でも育ちますので、栽培も可能で苗だけでなく種からの育て方を書いたサイトもたくさんあります。
家庭菜園のあまちゃづるで自家製アマチャヅル茶を作ることもできますね。

気になる味ですが、甘みよりも苦みが強い方がサポニンを多く含みますので、ちょっと苦みのあるものを選んだ方がよいかもしれません。

アマチャヅル自体はノンカフェインで副作用もありませんが、たくさん飲んだらたくさん効果があるというものでもありませんので、何事も適量がよいですね。
(烏兎の漢方茶の場合、ベースのお茶にカフェインが含まれます)

健康で、取りすぎた水分をきちんと排出できる方はいいですが、取りすぎた水分が滞って水毒状態になってしまったり、むくみの原因となったりしますからね。

気血水画像
漢方では「気血水」すべてが満ちて滞りなく流れているのが健康な状態です

アマチャヅルの味は軽い甘みと表現されていることが多いですが、烏兎のアマチャヅルは甘みは控えめで香りはスモークのような、烏棗(うそう)の香りが軽くなったような特徴があります。

なんでもそうですが、単品で飲むと多少の飲みにくさがありますよね。

烏兎で扱っているブレンドは、すべてベースの素材として普段飲んでいるお茶を使っていますが、(しかもお好きなお茶が選べるようになっています)ベースに日常飲んでいるお茶を使うことで、続けて飲むのが楽になります。

玄米茶とあまちゃづる画像
玄米茶ベースのおまちゃづる茶です

あまちゃづる茶に合うのは緑茶、玄米茶、ほうじ茶、三年番茶、お好きな方は烏龍茶、紅茶もよいかと思います。
好みですが、ジャスミン茶は少し合わないかもしれませんね。

個人的には緑茶のスッキリ感と玄米茶の香ばしさが烏兎のあまちゃづるには合うように思います^^

ベースのお茶や烏兎のオリジナル漢方茶はについてはこちらをご覧ください。 (サイトに移動します)

最も重要な強壮ハーブと呼ばれたアマチャヅル茶、ぜひお試しください。

↓あまちゃづるを使ったお茶のラインナップです。



また、リクエストブレンドなら「この素材を使って!」というリクエストにもお答えできます。

ぜひ、烏兎のアマチャヅルを使った漢方茶、一度お試しください。

烏兎のオリジナル漢方茶はこちらに詳しく掲載しています。 (サイトに移動します)
※サイトからお申し込みの方は試飲プレゼントもあります

またはオンラインショップからどうぞ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました

Posted by Master