CAFE・RES・JAPAN(展示会)に行ってきたよ

こんにちは、烏兎のマスターです。

マスターイラスト(ご挨拶)

日本最大級のカフェ・レストラン専門展<CAFERES JAPAN>という展示会が年に1回開かれるのですが、去る7月5日、パシフィコ横浜で開催されたこちらの展示会に行ってきました。

CAFE・RES・JAPAN

今日のレポートはビジネスショーの参加記録で、一般の方向けではなくすみません。
個人でお茶の仕事をしている方などが参考にしてもらえたらと思って書いています。

昨年、仕入先さんからの情報でこの展示会を知り、物は試しに行ってみようと参加してみた展示会。昨年はビックサイトまで行ってきました。

今年は横浜開催とのことで近く、朝のお茶作りも十分間に合って出発できました。

みなとみらいは久しぶりなので気分が上がりますね。

みなとみらいの海の画像

CAFERES JAPANは
・TokyoCafe Show
・Pizza&Pasta Show
・International Tea Showなど、同系のいくつかのビジネスショーのまとまりなのですが、今回はこのほかに
・ウェルネスフードジャパン
・お米産業展も同時に開催され、1枚の入場券ですべて観て回れるのが魅力です。

ちなみに入場料は3,000円なのですが、事前に申請しておけば事務局から招待券を送ってもらえますし、セミナーも有料のもの無料のもの、数多く開催され、展示は700もの会社が行っているので、行けば何かしら参考になることはあるのではないでしょうか。

ちなみに来年も横浜開催みたいですね。
リンク貼っておきます。
カフェレスジャパン

Twitterでもちょっとつぶやいたのですが、立派なビジネスショーですので、正直、うちのような規模では場違い感がハンパないのです。

https://twitter.com/kampocha_uto/status/1147134632200007685

なので烏兎さんはなるべく目立たないようにいろいろ見て回るのです(笑)

昨年のトレンドはバタフライピーでしたが、今年はアートシートのようでした。(食べられる転写シートのような・・・パンケーキとかラテとかに乗せる・・・写真を撮ってなくて申し訳ないです)

セミナーには二つ参加してきたのですが、特に薬機法のセミナーが参考になりました。

漢方茶は健康食品ではなく食品ですが、やっぱり少しでも健康になりたいと思って飲まれる方が多いかと思いますので、お伝えの仕方など、気をつけていかなければと思いました。

そうそう、セミナーでは実例を交えた話をしてくれたのですが、健康食品による健康被害の件数が年々増えているそうです。

傾向としては、医薬品と同時に摂っている、また、多くのサプリメントを飲んでいる方に副作用などの被害が出やすいそうです。

以前、勤務先に来ていたお客さまが、毎日お茶碗一杯ほどもサプリメントを飲んでいると話していましたが、その方は確かにいつも調子が悪そうだったのを思い出しました。

サプリメントもその本体ではなく、例えばカプセルとか、固めるための添加物とか、そういうものが良くなかったりするんですよね。

「〇〇何ミリグラム配合」とかよく謳っていますが、その量が体に必要かどうか、一度考えてみる方がよいと話していました。

さて、いろいろと面白いブースがあったのですが、ひとつ目を引いたのは榮太樓總本鋪さんが出展していた「紅茶博士のテアフラビンのど飴」

榮太樓總本鋪さんブース画像

昨年インフルエンザの季節に紅茶の効能についてSNSなどでお伝えしましたが、まさにそれを用いた飴でした。

ちなみにこれにも「総テアフラビン10.32mg含有」と書いてあるのですが(苦笑)

担当の方が「この飴を多くの人に知ってもらいたい」と話していました。
サンプルを一袋いただいたので、お味見にお客さまへのプレゼントに同封させていただきますね。

ちなみにドラッグストアなどですでに販売されているそうです。

ほか、いろいろ見てきたのですが、ひとつひとつ紹介しても長くなってしまいますのでこの辺りで終わりにしておきます。

こんな感じで中身のあまりないレポートになってしまいましたが、懲りずに次の記事も楽しみにしていただけたらと思います。

ありがとうございました。

漢方茶 烏兎

雑談

Posted by Master